相続放棄の落とし穴

弁護士法人心が選ばれる理由

【岐阜で相続放棄の相談先をお探しの方へ】

当法人では、お客様相談室を設置し、安心してお任せいただけるよう努めています。弁護士への相談が初めての方もお気軽にご相談ください。

【相続放棄を得意とする弁護士が対応】

相続放棄に関するお悩みは、どうぞ岐阜にある当法人の事務所までご相談ください。そもそも相続放棄をするべきなのかというご相談も承っております。

【お気軽にお問合せください】

お気持ちに寄り添い、丁寧に対応することを心がけております。岐阜で相続放棄をお考えの方にもご相談いただきやすい環境ですので、お気軽にお問合せください。

名鉄岐阜駅から弁護士法人心 岐阜法律事務所への行き方

1 中央改札口から出てまっすぐ進み、1階に降りてください

名鉄岐阜駅からお越しいただく場合は、中央改札口から出ていただくのが分かりやすいかと思います。

改札を出てまっすぐ進んだ先にエスカレーターと階段がありますので、こちらで1階に降りてください。

≪名鉄岐阜駅中央改札口≫
≪名鉄岐阜駅エスカレーターと階段≫

2 左に曲がり、まっすぐ進んでください

1階に降りたら左に曲がり、歩道をまっすぐ進んでください。

≪エスカレーター・階段の左側の風景≫
≪エスカレーター降りて左の歩道≫

3 道なりに進んでください

そのまままっすぐ歩くと、「岐阜バスターミナル旅行センター・定期バス案内所」が見えてきます。

そちらを通り過ぎ、たんぽぽ薬局名鉄岐阜店のあたりまで進んでいただくと、左手前方に黄色い建物が見えてくるかと思います。

そちらが弁護士法人心 岐阜法律事務所がある建物です。

当事務所のある4階までお越しください。

≪岐阜バスターミナル≫
≪たんぽぽ薬局名鉄岐阜店≫
≪弁護士法人心 岐阜法律事務所入口≫

JR岐阜駅から弁護士法人心 岐阜法律事務所への行き方

1 中央北口(2階)から出てください

JR岐阜駅をご利用の場合、中央北口からお越しいただくのが分かりやすいかと思います。

改札を出て、案内に従って中央北口(2階)に進んでください。

≪中央北口(2階)≫

2 道なりに進んでください

中央北口(2階)を出たら、突き当りから右斜め前の通路に進み、道なりに進んでください。

≪中央北口を出て右斜め前の通路≫

3 エレベーターのある通路をまっすぐ進んでください

そのまま進んでいただくと、右手に「E」という表示のあるエレベーターが見えてきます。

また、左手には「D」という表示のエレベーターやエスカレーターが見えてきます。

これらはそのまま通り過ぎ、まっすぐ進んでください。

≪Eのエレベーター≫
≪Dのエレベーターとエスカレーター≫

4 愛知銀行岐阜支店の表示を右に曲がってください

「C」という表示のエレベーターを右手に通り過ぎたところで、前方に「愛知銀行岐阜支店 大岐阜ビル10階 ATMコーナー2階」という表示があります。

そちらを右に曲がってください。

≪愛知銀行岐阜支店の表示≫

5 「B」のエレベーターを通り過ぎてください

まっすぐ進むと、右手に「B」という表示のエレベーターが見えてきます。

そちらも通り過ぎ、そのまま進んでください。

≪Bのエレベーター≫

6 「A」のエレベーターもしくは左手のエスカレーター等で降りてください

通路を進んでいくと、前方に「A」という表示のエレベーターと、奥に黄色い建物が見えてきます。

その黄色い建物が、弁護士法人心 岐阜法律事務所の入っているビルとなります。

「A」のエレベーターや、左手にあるエスカレーターや階段で1階まで降りて建物まで進み、4階にある当事務所までお越しください。

≪Aのエレベーター≫
≪弁護士法人心 岐阜法律事務所入口≫

相続放棄をする際にしてはいけないこと

文責:所長 弁護士 古田裕佳

最終更新日:2022年03月10日

1 相続放棄をするなら財産をもらってはいけない

 相続放棄は、裁判所に申請して、亡くなった方の借金も財産も引き継がないことを認めてもらう手続きです。

 たとえば亡くなった方が岐阜市にお住まいであれば、岐阜家庭裁判所に申請する等、亡くなった方のお住まいを基準に申請する裁判所が決まります。

 相続放棄をする際には、基本的に亡くなった方の財産は一切もらってはいけません。

 これは、相続放棄が、プラスの遺産である財産をもらわない代わりに、マイナスの遺産である借金も払わなくてよいという制度だからです。

 以下で具体的に見ていきます。

 

2 亡くなった方の不動産や車の名義を変える

 たとえば、自宅が亡くなった方の名義であるときに、住み続けたいからといって、相続放棄をする方の名義に変えると、相続放棄は原則としてできなくなります。

 これは、亡くなった方の不動産をもらったことになるからです。

 同様に、亡くなった方名義の車の車検証上の所有者や使用者を、相続放棄をする方に変えることも、車をもらったことになりますので、相続放棄ができない事由にあたります。

 相続放棄が終わった後でも、不動産や車の名義を相続放棄した人に変えたことが判明すれば、債権者(亡くなった方にお金を貸した人)から相続放棄が無効であると裁判所に訴えられて請求が認められることがありますので、行ってはいけません。

 

3 亡くなった方の預金を使う

 亡くなった方の預金を出金して、ご自身の生活費に充てると、預金をもらったことになりますので、基本的に相続放棄はできなくなります。

 葬儀代に充てる等、使い道によっては相続放棄ができるケースもありますが、使い道が争いになるケースもありますので、相続放棄をするなら亡くなった方の預金は動かすべきではありません。

 

4 亡くなった方の借金を、遺産から返済すること

 亡くなった方の預貯金を払い戻して、亡くなった方の借金を返済すると、遺産の一部を使ったことになり、単純承認事由という相続放棄できない事由に当たることがあります。

 

5 相続放棄する場合の亡くなった方の財産・借金の扱いは、弁護士に相談する

 他にも、一部の保険金や共済金の受け取りがもとで相続放棄が難しくなるケースがありますので、相続放棄を検討している場合は、亡くなった方の財産や借金の扱いについて、弁護士に相談するようにしましょう。

相続放棄を行う際の注意点

文責:所長 弁護士 古田裕佳

最終更新日:2022年05月11日

1 相続放棄には落とし穴がたくさんある

 相続放棄には期限があり、これを過ぎてしまうと相続放棄ができなくなります。

 また、相続放棄は、財産を処分してしまうとできなくなる場合があり、相続放棄が家庭裁判所で認められた後であっても、財産を処分してしまうと無効になってしまうこともあります。

 このように、相続放棄にはたくさんの落とし穴があるため、相続放棄についての正しい知識を身に付け、慎重に手続きを行う必要があります。

 そこで、相続放棄に関する落とし穴として、①3か月の期限②遺産を処分すると相続放棄ができなくなることについて、ご説明します。

 

2 ①3か月の期限について

 相続放棄には3か月の期限があり、これを過ぎてしまうと基本的に相続放棄ができなくなります。

 具体的には、被相続人が亡くなったことと自分が相続人であることを知った時から3か月以内に、家庭裁判所での手続きを行わなければなりません。

 たとえば、父が亡くなったことを父が亡くなった当日知った場合は、そこから3か月以内に、相続放棄の手続きを行う必要があります。

 ここで、注意点として、相続放棄を行うためには、戸籍謄本や住民票等の必要書類を集める必要があり、必要書類の取得に時間がかかることがあります。

  この必要書類を集めるのに時間がかかったために、3か月の期限に間に合わなかった場合でも、相続放棄ができなくなります。

 このように、相続放棄は、いかに迅速に手続きを行うかが重要になりますので、ご自身で手続きを行うのがご不安な方は、一度、弁護士にご相談されてみても良いかもしれません。

 なお、3か月の期限を過ぎた場合でも、例外的に相続放棄が認められる場合があります。

 そのため、3か月の期限を過ぎた場合は、すぐに専門家にご相談ください。

 

3 ②遺産を処分すると相続放棄ができなくなる

 遺産を処分してしまうと、相続放棄ができなくなる場合があります。

  たとえば、被相続人の預貯金を解約し、被相続人の借金返済のために充ててしまうと、相続放棄ができなくなる場合があります。

 また、保険金であっても、入院給付金として受け取ってしまうと、相続放棄ができなくなる場合もあります。

 このように、遺産を処分してしまうと相続放棄ができなくなる場合があるため、注意が必要です。

 また、相続放棄が家庭裁判所で認められた後であっても、預貯金を解約し、私的に使ってしまうと、相続放棄が無効になる場合もあります。

 相続放棄をした後の財産についても、処分はしないようにしましょう。

相続放棄を弁護士に依頼するまでの手続きの流れ

文責:所長 弁護士 古田裕佳

最終更新日:2021年10月08日

1 一般的な流れについて

 相続放棄を弁護士に依頼するまでの手続きの一般的な流れについて、ご説明します。

 なお、事務所ごとに、手続きの流れが若干異なる場合がありますので、その点につきましてはご了承ください。

 

2 メールや電話等にて弁護士にご連絡

 相続放棄を弁護士に依頼する場合は、まず、弁護士の所属する事務所に、メールや電話等にてご連絡ください。

 その際、亡くなった方(被相続人といいます)の名前や亡くなった日、ご相談者のお名前等について、尋ねられることが多いです。

 答えられる範囲で答えていただいた方が、その後のご相談がスムーズに進みます。

 なお、初回のご連絡の際に、実際に弁護士と相談する場合、相談料がいくらかかるのか、相談の方法は、対面か電話やビデオ通話等でも行っているのか等も確認しておいた方が良いでしょう。

 

3 実際に弁護士との相談

 弁護士と実際に相談する際は、あらかじめ、質問したい事項等をメモにまとめていただいた方が、ご相談がスムーズに進みます。

 また、ご相談の際は、どこまでの手続きを行ってくれるのかも確認しておいた方が良いでしょう。

 相続放棄は、必要書類を裁判所に提出するだけでなく、裁判所からの照会に対する対応、債権者への対応、他の相続人への通知等が必要になる場合があります。

 そのため、これらのことについては、別料金なのか、それとも相続放棄を行う上で、トータルサポートという形で料金はかからないのか、事前に確認しておくことが大切です。

 

4 弁護士と契約書を交わす

 弁護士に依頼することが決まった場合は、弁護士と契約書や委任状のやり取りをします。

 契約書のやり取りが完了しましたら、その後の相続放棄の手続きは、基本的にその弁護士が行ってくれます。

 

5 当法人にご依頼いただく場合の手続きの流れ

 当法人では、相続放棄に関しては、メール又は電話でのご相談も承っております。

 相続放棄でお悩みの方は、当法人のメールアドレスにメールいただくか、もしくは、お電話にてお問い合わせください。

 お電話でのお問い合わせの場合、担当の事務の者から被相続人のお名前や亡くなった日、相談者のお名前、電話相談か来所相談かのご希望について、伺います。

 その後、担当の弁護士より、相談日の日程調整のご連絡を差し上げます。

 相続放棄については、相談料は30分を超えても原則無料です。

 実際に、当法人にご依頼いただける場合は、契約書や委任状等を後日郵送いたします。

 契約書や委任状等が届きましたら、必要事項をご記入のうえ、署名、押印いただき、ご返送いただくことで、契約は完了となります。

相続放棄のご相談から解決までにかかる期間

文責:所長 弁護士 古田裕佳

最終更新日:2021年09月09日

1 弁護士に依頼する場合でも2か月程度かかる

 相続放棄を弁護士にご相談されてから、解決までにかかる日数として、一般的には、2か月から3か月程度かかることが多いです。

 具体的には、相談日を決めて実際に契約を交わすまでに、1週間程度、裁判所に提出する必要書類を集めるのに、1か月から2か月程度かかり、裁判所が審査し、相続放棄を認める判断が出るまで、1か月程度かかります。

 なお、相続放棄には、3か月の期間制限があり、3か月以内に相続放棄手続きを行わないと相続放棄ができなくなります。

 この3か月の期間制限については、裁判所に相続放棄をするまでの期間であり、相続放棄を裁判所に申し立てた後、3か月が過ぎてしまっても問題ありません。

 

2 被相続人が兄弟姉妹だと長引くことも

 亡くなった方(被相続人といいます)が相続放棄をされる方から見て、兄弟姉妹の関係にある場合、裁判所に提出する書類の量が多くなります。

 具体的には、被相続人の生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍謄本、被相続人の住民票、被相続人の直系尊属(両親や祖父母等)の戸籍謄本、相続放棄される方の戸籍謄本等が必要になります。

 被相続人が本籍地を転々としている場合、その分、必要書類を集めるのに時間がかかる可能性があります。

 そのため、被相続人が兄弟姉妹の場合、必要な書類を集めるのに、2か月から3か月程度かかることもあります。

 なお、相続放棄の期限との関係で、必要書類をすべて集めていたのでは、3か月の期間制限に間に合わないケースも出てきます。

 この場合、その期限を延長させる手続きや必要書類を追送する方法等によって、期限に間に合わせることも可能です。

 

3 弁護士にはできる限り早めにご相談を

 相続放棄には、3か月の期限があるため、できる限りお早めに弁護士にご相談されることをおすすめします。

 3か月の期間ぎりぎりに弁護士に相談しても、そもそも依頼を断られる場合や、緊急対応として費用が割増しになる場合があるため、注意が必要です。

 具体的な弁護士への相談のタイミングとしては、遅くとも四十九日前までには、一度ご相談だけでもしておいた方が安心です。

 なお、当法人では、ご予約いただくことで平日夜間や土日祝日の無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

相続放棄手続きが完了するまでの流れ

文責:所長 弁護士 古田裕佳

最終更新日:2022年04月15日

1 相続放棄手続きの流れ

相続放棄手続きの一般的な流れは、以下のとおりです。

  ① 必要書類の取得

  ② 裁判所への提出

  ③ 裁判所からの照会書への回答

  ④ 相続放棄申述受理通知書の受取

 なお、債権者からの通知が来ている場合は、

  ⑤債権者対応

が必要になる場合もあります。

 

2 ①必要書類の取得

 相続放棄をする場合は、少なくとも、亡くなった方の除籍謄本、戸籍の付票又は住民除票、および相続放棄をする人の戸籍謄本、切手、収入印紙、裁判所に送付するための封筒が必要になります。

 戸籍については、亡くなった方と相続放棄をする方との関係によって、取得する戸籍が変わります。

 なお、同じ書類は1通で大丈夫です。

 

3 ②裁判所への提出

 必要書類が揃ったら、必ず期限内に裁判所に提出することが重要です。

 相続放棄には3か月の期限があり、これを経過してしまうと相続放棄ができなくなってしまいます。

 なお、3か月以内の期限については、裁判所に提出するまでのものです。

 最終的に相続放棄が受理されるまでに3か月の期間が経ったとしても、3か月以内に相続放棄の申立をしていれば、期限については問題ありません。

 

4 ③裁判所からの照会書への回答

 相続放棄を申し立てた場合、裁判所から照会書が届くことがあります。

 照会書には、一般的に、相続放棄をすることの意思確認や単純承認事由などの確認等が記載されています。

 回答書の内容については、裁判所ごとに内容が変わってきますので、ご不明な点等がありましたら裁判所や専門家にお尋ねください。

 

5 ④相続放棄申述受理通知書の受取

 審理の結果、裁判所が相続放棄を受理した場合、申立人に対して、相続放棄申述受理通知書が届きます。

 この通知書が届けば、相続放棄が認められたこととなります。

 なお、通知書については再発行ができませんので、大切に保管してください。

 

6 ⑤債権者対応

 債権者からすでに通知等が届いている場合や、債権者を知っている場合は、債権者対応が必要になることがあります。

 具体的には、債権者に対して、相続放棄申述受理通知書のコピーを郵送します。

 債権者対応に限らず、相続放棄に関して不安なこと等がありましたら、弁護士などの専門家にご相談いただくのが安心かと思います。

所在地

〒500-8833
岐阜県岐阜市
神田町9-4
KJビル4F
(岐阜県弁護士会所属)

0120-41-2403

お問合せ・アクセス・地図

相続放棄を依頼できる弁護士をお探しの方へ

相続放棄のお悩みであれば、当法人にご依頼ください。
相続に関する問題の解決を得意としている弁護士が、相続放棄の手続きをきっちり進められるようサポートさせていただきます。
また、事務所内に個室の相談室をご用意するなど、落ち着いて相続放棄のお悩みをお話しいただける環境づくりにも努めております。
弁護士と話をするという事態に緊張されることもあるかと思いますが、どうぞ安心してお越しください。
事務所を訪れる時間が取りづらいという方であれば、当法人の「電話相談」をご利用ください。
こちらのご相談方法では、事前にご予約いただいた日時に弁護士からお電話をかけさせていただき、相続放棄のお悩みをお伺いいたします。
自宅にいながらにして弁護士とお話しいただけますので、お仕事やお体の都合でご来所が難しい方にもご利用いただけます。
ご依頼後のやり取りも、電話やメール・郵送などを用い、ご来所いただくことなく相続放棄の手続きを進められるようにしておりますのでご安心ください。
来所・電話いずれのご相談方法であっても、お申し込みは当法人のフリーダイヤルにて受け付けております。
スタッフがお電話口にてお悩みの概要をお伺いし、相続放棄の手続きを得意としている弁護士とお話しいただける日程を調整させていただきますので、まずはお気軽にお電話ください。
ご来所いただく場合、弁護士法人心 岐阜法律事務所は駅からも歩いて行ける場所にありますので、お越しいただきやすいかと思います。
付近の駐車場をご利用できますので、お車でお越しの方もご安心ください。

お役立ちリンク

PageTop